The Journal by PIERRE HERMÉ PARIS

PÂQUES 2017

復活祭(フランス語では「PÂQUES(パック)」、英語ではイースター)とは、キリスト教の最大のお祭りとも言われ、イエス・キリストが十字架に架けられた後、復活したことをお祝いする記念の日です。
今年の復活祭は、4月16日。毎年日程が違うのは、カトリックでは「グレゴリウス暦で春分の日の後、最初の満月を迎えた次の日曜日が復活祭」と決められているためです。生命の復活をお祝いするという意味から、生命の源である卵(イースターエッグ)や、多くの子どもを持ち、跳ね回る様子が生命の躍動を表していると言われるウサギ(イースターバニー)がシンボルとなっています。
卵の殻に鮮やかな色彩を施したり、美しい包装をしたゆで卵が慣わしでしたが、近年では卵やウサギをかたどったショコラも広く用いられるようになりました。フランスの家庭では大人が庭に卵やウサギのショコラを隠し、子どもたちがそれを探して遊ぶという伝統的な復活祭のゲームを楽しみます。
また、復活祭を過ぎたあたりから、いよいよ待ち望んだ春がやってくると言われるとおり、厳しい冬に終わりを告げ、春の訪れを喜ぶお祭りでもあります。ピエール・エルメ・パリでは、復活祭にちなんだウサギや卵の形のショコラをご用意いたしました。この時期だけの限定アイテムとともに、暖かな春の訪れをお楽しみください。

OEufs de Pâques

新商品

OEuf Daphné Noir/ Lait
ウフ ダフネ ノワール / レ

(ショコラ ノワールまたはショコラ オ レ)
Sサイズ 約14cm:3,456円

イースターエッグに月桂冠を被せました。美しいニンフ(*)のダフネが登場するギリシャ神話の“復活”です。彼女はしつこく求愛してくるアポロンから逃れるために、父神のペネイオスに頼んで自分の体を月桂樹に変えてもらったのでした。
苦みばしったチョコレートの力強い味覚がたまらないほど魅力的です。

*ギリシャ神話の妖精。山川草木、特定の場所の精、若く美しい女性で、歌や踊りを好む。

OEuf Mendiant noir / lait
ウフ マンディヤン ノワール / レ

(ショコラ ノワール、オレンジピール、ショウガのコンフィ、ヘーゼルナッツ、皮むきアーモンド、ピスタチオ)
Mサイズ 約20cm:6,480円 / Sサイズ 約14cm:4,320円

OEuf Dentelle noir
ウフ ダンテル ノワール

(ショコラ ノワール)
Mサイズ 約20cm:4,320円 / Sサイズ約 14cm:3,456円

Petits OEufs
プティ ウフ

(ミニエッグの詰合わせ)
プラリネノワール、プラリネ レ、ジャンドゥジャ レ、プラリネ ブレ スフレ
1箱:1,944円 *写真下のボックスにお入れします。

今シーズンは2種類の詰合わせをご用意いたしました。ひとつは、芳ばしいナッツの風味が豊かなプラリネをビターチョコレートとミルクチョコレートでコーティングした「プラリネノワール、プラリネ レ」、もうひとつは、ジャンドゥジャやパフ、プラリネなど異なる食感が楽しめる3種類のミニエッグを詰合わせたボックス。
ゴージャスな宝石箱を彷彿とさせる最高にお洒落な詰合わせです。色とりどりの銀色に包まれたミニエッグには、多様なフレーバーが含まれています。

*画像はイメージです。ボックスの色味が変更になる場合がございます。

Poules de Pâques

新商品

Poule d’après François Pompon Noir/Lait
フランソワ・ポンポンの雌鶏 ノワール/レ

(ショコラ ノワールまたはショコラ オ レ)
3,456円(予価)

丸みを帯びた愛らしい本品は、動物をかたどったチョコレートスイーツの新作で、洞察力に富んだ彫刻家フランソワ・ポンポンに対する新たなオマージュが込められています。純粋無垢な佇まいと力強い味わいを併せ持った逸品です。

Lapins de Pâques

Famille Lapin noir / lait
ファミーユ ラパン ノワール / レ

(ショコラ ノワールまたはショコラ オ レ)
約15cm:5,400円

Lapin de Pâques noir / lait
その他のラパン ドゥ パック ノワール / レ

(ショコラ ノワールまたはショコラ オ レ)
Lapin à la Hotte ラパン ア ラ オット / 約22cm:4,320円
Lapin à la Brouette ラパン ア ラ ブルーエット / 約15cm:3,024円
Lapin Rieur ラパン リュール / 約12cm:1,944円

Événement de Pâques
Hara Museum of Contemporary Art Å~ PIERRE HERMÉ PARIS Å~ Polar Inc.

「ピエール・エルメ・パリ」と「原美術館」「Polar Inc.」は、パックの伝統を日本の皆様に、そして子ども達にも知ってもらいたいという思いから、毎春、この伝統行事を同館のお庭で開催しています。参加者はバスケットを手に、お庭に隠されたイースターエッグやバニーを探すゲームを体験し、ホールでは復活祭の歴史や、それにちなんだチョコレートの説明や展示、ピエール・エルメ・パリのフランス人パティシエによる、チョコレートのデモンストレーションを観ることができます。

イベントのご案内

<タイトル>
あなたのうさぎはどこ? 〜アートを見てチョコレートを探そう〜

<開催日>
2017年3月26日(日)

<場所>
原美術館 中庭/ザ・ホール東京都品川区北品川4-7-25

<対象>
3〜12歳以下の子ども(子供1名+同伴の大人1名)
*2人以上のお子様がいらっしゃる場合でも1家族1組での参加をお願いいたします。

<参加費>
無料(子供1名+同伴の大人1名分)
*別途入館料:一般1,100円、大高生700円、小中生500円)
*開催中の展覧会「エリザベスペイトン:Still life 静/生」をご覧いただけます。