Pierre Hermé

ピエール・エルメ

21世紀のパティスリー界を先導する第一人者。

4代続くアルザスのパティシエの家系に生まれ、14歳のときガストン・ルノートルの元で修業を始める。常に創造性あふれる菓子作りに挑戦し続け、独自の“オート・パティスリー”(高級菓子)のノウハウの伝授にも意欲を燃やしている。

多くのスイーツファンから絶賛を浴び、同業のパティシエたちからも畏敬されている。その鬼才ぶりは世界的に認められ、ヴォーグ誌から“パティスリー界のピカソ”と称賛された。

1998年、自身のブランド「ピエール・エルメ・パリ」として、東京赤坂のホテルニューオータニ内に初出店し、2001年にはパリのボナパルト通りにもブティックをオープン。2007年、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを授賞。現在、国際的なプロ菓子職人協会「ルレ・デセール」の副会長としても活躍している。そして2016年、《世界のベストレストラン 50アカデミー》より「世界の最優秀パティシエ賞」を授賞した。

「ピエール・エルメ・パリ」は高名なコルベール委員会に所属し、パリ、ストラスブール、ニース、ロンドン、ドバイ、ドーハ、東京、横浜、大阪、神戸、京都、香港、ソウル、バンコク、およびマカオなどに事業展開している。

経歴

1962
アルザス地方コルマールで4代続くパティスリー・ブランジュリーに生まれる
1975
14歳 Gaston Lenôtre (ガストン・ルノートル) のもとで修行を開始
1986
26歳 FAUCHON (フォション) のシェフパティシエに就任
1996
35歳 フランス「パティシエ・オブ・ザ・イヤー」、芸術文化勲章シュバリエを授賞
1997
36歳 LADURÉE (ラデュレ) の改革に携わる。「イスパハン」「プレジール シュクレ」などを発表
1998
37歳 ピエール・エルメ・パリ ブランドの第1号店を東京 ホテルニューオータニにオープン
1999
パティスリーワールドカップでフランスチームを指揮監督し、優勝
2001
40歳 フランスの第1号店をパリ6区のボナパルト通りにオープン
2005
日本におけるフラッグシップブティック ピエール・エルメ・パリ 青山をオープン
2007
46歳 レジオン・ドヌール勲章シュバリエを授賞
2007
46歳 農事功労賞オフィシエ賞を受賞
2009
48歳 仏「コルベール委員会」に所属
2012
ライセンス事業の展開を開始
2015
ソウルのクリスチャン・ディオールのフラッグシップショップ The House of Dior (ハウス・オブ・ディオール) のスイーツを監修
2016
55歳 「世界のベストレストラン50」の授賞式で「世界の最優秀パティシエ賞」を受賞

著書

1999.3

ピエール・エルメのお菓子の世界

福永淑子訳 柴田書店
2008.2

ラルース新デザート事典

同朋舎メディアプラン
2009.4

ピエール・エルメ マカロン

旭屋出版
2009.12

ピエール・エルメが教える焼き菓子ブック

旭屋出版 初めて日本で企画・制作・編集を手掛けたレシピ本
2010.10

ピエール・エルメが教えるチョコレートのお菓子

旭屋出版
2011.12

ピエール・エルメが教えるヴィエノワズリー

旭屋出版
2015.7

ハローキティ & ピエール・エルメ イスパハン レシピブック

旭屋出版
2016.2

ピエール・エルメ サティーヌ

青幻舎
2016.9

教えてピエール・エルメ。最高のお菓子の作り方

世界文化社