The Journal by PIERRE HERMÉ PARIS

uramado × PIERRE HERMÉ PARIS HALLOWEEN 2021

「Diaboliquement Délicieux(ディアボリックマン デリシュー)」=「やみつきになる悪魔的な美味しさ」を意味するピエール・エルメ・パリのハロウィンコレクション。

今年は、ジュリー・ステファン・チェン*による「uramado」とコラボレーション。“タヌキ”と呼ばれる自然の精霊たちが、マカロンや焼き菓子、チョコレートの箱に描かれています。

「uramado」は、街の中で目覚めた自然の精霊たちが創り出す拡張現実の旅です。現実と想像が入り交じる世界で精霊たちが問いかけます。私たちは、詩的かつ遊び心に溢れた精霊たちとの対話を通して、自分自身を見出すことができるのです。ぜひ、パッケージにカメラをかざしてみてください。

また、ブティックにはピエール・エルメ・パリ オリジナルの精霊、キョン、リス、タカ、クジャクが登場。彼らは、ブティックで見つけた「やみつきになる悪魔的な美味しさ」のマカロンを仲間と分かち合おうと隠し持っています(隠しきれていない精霊もいるのですが)。

さあ、精霊たちと楽しいハロウィンのはじまりです!



「uramado」は、“タヌキ”と呼ばれる自然の精霊たちが創り出す拡張現実(AR)の冒険ゲームです。詩的かつ遊び心に溢れた精霊たちと対話をしながら、自分自身を見出します。スマートフォンまたはタブレットでお楽しみください。


遊び方

1、無料アプリ「裏窓 タヌキ」を下記の別ウィンドウで開くQRコードよりダウンロードしてください
2、カメラへのアクセスを「許可」にします
3、カメラを精霊たちに向けてください
4、精霊たちの質問に答えましょう!


*ジュリー・ステファン・チェン
パリを拠点とするデザイナー、作家。パリ国立高等装飾美術学校を卒業した後、書籍、ヴィジュアルアート、デザインの分野で紙とニューテクノロジーを融合させた創作を行っている。Volumiqueスタジオを拠点に活動し、数多くの書籍とアプリケーションを発表。香港アートセンター(2014年)や、京都のヴィラ九条山(2016年)にてアーティスト・イン・レジデンスを行う。2017年、パリの狩猟自然博物館にて『裏窓』を展示した。