The Journal by PIERRE HERMÉ PARIS

コーヒーハンターJosé. 川島 良彰氏の特別コーヒーイベント開催

ピエール・エルメ・パリ 青山2F「Heaven」にコーヒーハンターJosé. 川島 良彰氏を特別ゲストとして迎えるイベントを開催いたします。ワインと同じように畑や品種、収穫年度によって品質が変わるコーヒー。そのおいしさと楽しさをJosé. 川島 良彰氏セレクトの数種のコーヒーでご体感ください。そこで一緒に味わうのは同じコーヒー豆を使用したピエール・エルメ・パリ特製のデセール(お皿盛りのデザート)。コーヒーとスイーツの奥深さをJosé. 川島 良彰氏とピエール・エルメ・パリ日本代表のリシャール・ルデュの対談形式で紐解いていきます。

<開催概要>
開催日時:2018年3月28日
     第1部 11:00 ~ 12:30 (10:45受付開始)
     第2部 13:15 ~ 14:45 (13:00受付開始)
場所:ピエール・エルメ・パリ 青山2F「Heaven」
人数:各回14名様
金額:お1人様 8,640円 (税込)

*応募フォームからのお申込み時に事前クレジット決済となり、キャンセルは原則不可となります。
*やむを得ぬ事情によるキャンセルの場合、1週間前までにHeaven宛にご連絡ください。
*期日を過ぎてのキャンセルの場合、ご返金は致しかねますことご了承ください。
*お席のご希望は承っておりませんのでご了承ください。
*ご応募にはログインが必要です。会員登録がお済みでない方はこちらから新規登録ください。登録完了・ログイン後、再度ご予約へのボタンをクリックすると予約フォームが開きます。

栽培から1杯のコーヒーになるまでのこだわり

コーヒーはワインと同様に果実から生まれます。品種や地域、地形によってはもちろん、栽培・精選工程、品質管理が味わいに直結するワインと同様に、おいしいコーヒーも厳しい基準と管理の中で育てられた高品質の完熟豆から生まれるのです。コーヒーベルトに跨る世界50ヵ国の2,500を超えるコーヒー農園を知り、斜面の土壌や気候を見極め、その場所に最適な品種を選定し、発芽した若葉の色から最もおいしくなるプロセスを選択する。それが、世界中のコーヒー農園を知るコーヒーハンターJosé. 川島 良彰の技術なのです。
3ヶ月にもわたるコーヒーの収穫期間の中でもっともおいしいコーヒーが取れる収穫期間に完熟豆だけを摘み取り、銘柄ごとに最もおいしくなる方法で果肉除去・乾燥等の工程を経て選別されます。

コーヒーは農産物ですから、その年の気候により味が異なります。その豆の味が最も引き立つように、銘柄ごとはもちろん収穫年度によっても度合を変えて焙煎されたコーヒー豆。それがドリップされ1杯のコーヒーになるその瞬間にはバリスタの絶妙なコントロールが加わり、銘柄の個性を引き出した上でバリスタごとの味わいの特徴がさらに現れるのです。
かくも深いコーヒーの世界、その一部をこのスペシャルイベントで味わってみてください。

*応募フォームからのお申込み時に事前クレジット決済となり、キャンセルは原則不可となります。
*やむを得ぬ事情によるキャンセルの場合、1週間前までにHeaven宛にご連絡ください。
*期日を過ぎてのキャンセルの場合、ご返金は致しかねますことご了承ください。
*お席のご希望は承っておりませんのでご了承ください。
*ご応募にはログインが必要です。会員登録がお済みでない方はこちらから新規登録ください。登録完了・ログイン後、再度ご予約へのボタンをクリックすると予約フォームが開きます。



José. 川島 良彰

1956年静岡生まれ。1975年中米エル サルバドル国立コーヒー研究所に留学し、コーヒー栽培・精選を学ぶ。その後大手コーヒー会社に就職。ジャマイカ、ハワイ、インドネシアで農園開発を手掛け、マダガスカルで絶滅危惧種の発見と保全、レユニオン島では絶滅した品種を探し出し、同島のコーヒー産業復活を果たす。2008年に独立し、株式会社ミカフェートを設立。2017年に外務大臣表彰受賞。
国際協力機構(JICA)コーヒー分野にかかる課題別支援委員会 委員長、日本サステイナブルコーヒー協会理事長、JAL日本航空コーヒー・ディレクター、タイ王室メイファールアン財団コーヒーアドバイザー、カリフォルニア大学デイビス校コーヒーセンター アドバイザリー・ボードメンバー等を務める。




Richard Ledu リシャール・ルデュ

ピエール・エルメ・パリ 日本代表。1998年、世界の第一号店となるホテルニューオータニの一角に小さなブティックをオープンさせることからスタートし、近年では、分野を超えた様々な企業やアーティストとの信頼関係に基づいた長期的なコラボレーションにより、ピエール・エルメ ブランドを“次世代のパティスリー”としての確固たる地位を築きあげる。会社経営者でもありクリエイティブディレクターであると同時に世界各地の一流ホテル、サロン・ド・テ、レストラン、菓子店等において、27年間もの経験を持つ料理人でもある。