The Journal by PIERRE HERMÉ PARIS

2017 LES JARDINS

2017年 4月

Macaron Jardin des Poètes
ジャルダン デ ポエット=詩人たちの庭園

Miso Blanc & Citron
白味噌入りクリームとレモン

クリームの中に白味噌とレモンのフレーバーが加えられています。ピエール・エルメはこの組み合わせをずいぶん前から構想していました。白味噌には思いがけない味わいが感じられます。このマカロンを食べると「甘酸っぱさ」、「香しさ」、「ほろ苦さ」のそれぞれの良さを余すところなく堪能できます。うっかりしていると、直ぐに虜になってしまいそうな味覚体験です。

2017年 5月

Macaron Jardin de Lima
ジャルダン ド リマ=リマの庭園

Lucuma & Gingembre Confit
ルクマ入りクリームとショウガのコンフィ

どことなく甘草に似た深い味わいのルクマと、力強い食感のショウガのコンフィとが生き生きと共演しています。ショウガのコンフィの風味は刺激的ですが、決して強すぎることはありません。いかにもペルーを思わせる美味しさのハーモニーです。

2017年 6月

Macaron Jardin de Cérès
ジャルダン ド セレス=ケレースの庭園

Germes de blé
胚芽入りクリーム

うっとりするほど甘くて繊細な風味の胚芽入りクリームが主役になっています。テクスチャーとテーストが見事に呼応し合い、心地よい歯ごたえのマカロンコックの間に、とてもまろやかなクリームがそっと収まっています。

2017年 7月

Macaron Jardin des Mousses
ジャルダン デ ムース=苔の庭園

Vanille, Menthe & Basilic
バニラ、ミント、バジル入りクリーム

幻覚、気まぐれ、あるいは妄想の産物だと思われるかもしれませんが、外見的にも組成的にも苔を彷彿させるマカロンを作ってみました。この遊び心と想像力にあふれた一品では、新鮮な植物のフレーバーも巧みに演出されています。中に入っているバジルとミントのクリームは、バニラのおかげで程よく柔和な口当たりになっています。

2017年 8月

Macaron Jardin de Constance
ジャルダン ド コンスタンス=コンスタンスの庭園

Noix de coco, Vanille & Citron Vert, Ananas Rôti Caramélisé
ライムゼストとバニラ入りクリーム、ローストパイナップルのコンポート

ココナッツのビスキュイ生地、ライムゼストとバニラのクリーム、ローストパイナップルのコンポートという各種材料が、いかにもエキゾチックな雰囲気を生み出しています。そして、実際に食べてみると、南国の旅の味がすることが確認できるでしょう。

2017年 9月

Macaron Jardin d'Olympe
ジャルダン ドランプ=オリンポスの庭園

Vanille & Safran
サフランとバニラ入りクリーム

サフランとバニラを稀有な形で組み合わせたマカロンは、スイーツ好きにとっては悲願の成就を象徴するものであるに違いありません。ここでは、サフランとバニラという優美な2 つのフレーバーが完璧に和合しつつ、それぞれの特異性を縦横無尽に発揮しているのです。

2017年 10月

Macaron Jardin d'Armor
ジャルダン ダルモール=ブルターニュの庭園

Blé noir & sablé au blé noir
ソバ粉入りクリーム、ソバ粉サブレ

ソバ粉があっぱれな存在感を示しています。なかなか正体がつかみ難いソバ粉も、加熱調理を施すとその特性が明らかになります。さくさくした歯ごたえのソバ粉サブレがクリームの中にうまく融合し、ほんのりとしたビター感が引き立っています。思わず快哉を叫びたくなる美味しさです。

2017年 11月

Macaron Jardin de Siam
ジャルダン ド シアム=シャムの庭園

Gingembre & Banane
ショウガとバナナ入りクリーム

ほんのりレモンを効かせたおかげで、フルーティな酸味が際立つショウガの力強いテーストが、熟したバナナの深い味わいを巧みに引き立てています。

今年2017年も、ピエール・エルメはマカロンの
<ジャルダン=庭園>を散策し続けます。

それは夢幻のマカロンの新コレクション。
調香師のように念入りに整えたフレーバーの和合。
自然がヒントを与えてくれた想像の庭園。
新鮮そのものの花。洗練されたスパイス。
官能的な芳香。エスケープへの欲求。
ピエール・エルメは私たちを旅に誘います。
夢と歓喜の桃源郷へ。エデンへ。
そして、新たな体験世界が姿を現します。
甘い風味が味蕾をくすぐる味覚のパラダイス。
花々の上で存える玉の露。陽光で温まる柑橘類。
喜びで赤く上気する果物類。
五感を熱く喚起する香辛料。奢な庭園の一つひとつが自然の頌歌。
自然の営みのようにうつろうスイーツのひととき。
フレグランスのようにうつろう、スイーツの、ひととき。


フラワーアーティスト
東 信(あずま まこと)

2002 年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとして活動を開始。同年NYのトライベッカで行った初の個展を皮切りに、国内外での活動を勢力的に展開。また2007年4月から2009年3月まで、東京・清澄白河にて2年間限定のプライベートギャラリー「AMPG」を開設し、自身の作品発表の場として数多くの展示を行う。その後、2009年より、植物の可能性をさらに追求する実験的植物集団「東信、花樹研究所」(AzumaMakoto Kajyu kenkyusho = AMKK)を立ち上げ、植物をキーワードに様々な分野で幅広く活動している。東の全てにおける活動は、花・植物のみが有してるもっとも神秘的な活動を見つけ、それを美的なレベルに変換し表現する事で、植物への尊厳を導き出し、その存在価値を高める事に一貫している。
URL: http://azumamakoto.com/

<販売期間>
2017年4月〜11月(各フレーバーは、毎月1日〜月末まで)

<販売期間>
マカロン ジャルダン 各280円(税抜)/ 1個
ギフトボックスもございます

<販売店舗>
ピエール・エルメ・パリ 青山 他、直営ブティック、オンラインショッピング
*販売期間・場所は変更になる場合がございますので、詳細はお問い合わせください。