PIERRE HERMÉ PARIS Aoyama Renewal Open の秘密

# 04エルメとショコラは「恋人同士」

オンライン ブティックをご覧の皆さん。サヴァ?
街ゆく女の子たちは、なんだかみんなソワソワしているみたい。
そう、2月14日はバレンタインデー。わたし、日本で過ごすバレンタインデーが大好きよ。
恋人や家族、大切な人みんなへの大切な思いをチョコレートとともに…
メルヴェイユー!とってもロマンチックだと思わない?

Animation : Makiko Tanaka

あなたは知っているかしら?
ピエール・エルメは、優秀なショコラティエとしても世界中で名を知られているの。
彼とチョコレートの関係、その情熱を語り始めたら、夜が明けてしまうのよ。

今日は、そんな関係性が凝縮されていると言っても過言ではない、
「完璧」なボンボンショコラの数々をご紹介するわ。
もちろん、リニューアルオープンした青山ブティックにも登場しているわ。

マカロン ベイビー
パッションフルーツはミルクチョコレートと一緒になると、その芳しい香り、うっとりする甘味、それに甘酸っぱさのすべてが感動的なハーモニーの中でお互いの存在を高めあうの。とっても優美な味わいよ!

Mogadorモガドール パッションフルーツ風味ガナッシュショコラオレ、ショコラオレコーティング

マカロン ベイビー
ビターチョコレートのコーティングをカリっと噛むと、中のガナッシュからスパイシーかつこの上ないジューシーなジンジャーの香りが。 目が覚めるほどに豊潤な味わいだわ。

Louルー ショウガ風味ガナッシュショコラオレ、ショウガのコンフィ、ショコラノワールコーティング

マカロン ベイビー
甘酸っぱさが際立つ濃厚なフランボワーズには、どこまでもビターなチョコレートがお似合いだってこと、ピエール・エルメにはお見通しなの。洗練されたスイートさがたまらないわ。

Chloéクロエ フランボワーズ風味ガナッシュショコラノワール、ショコラノワールコーティング

マカロン ベイビー
ピエール・エルメの最新作、栗と洋梨を組み合わせた「オマージュ」のボンボンショコラよ。ジューシーな洋梨をマロン風味のミルクチョコレートと完璧なバランスで組み合わせたの。今シーズン、外せない逸品だわ!

Hommageオマージュ 洋梨風味のパートドフリュイ、マロン風味ショコラオレ、ショコラオレコーティング

マカロン ベイビー
ピエール・エルメに「今まで出会った中で一番のカカオ」と言わしめた、ブラジルのパイネイラス農園のカカオだけで構成されたショコラよ。ピエール・エルメを魅了したパイネイラスのカカオ独特の力強い風味を、ぜひ堪能して。

Paineirasパイネイラス ブラジルショコラのガナッシュ、ショコラノワールコーティング

マカロン ベイビー
ビターチョコレート好きの人なら、このショコラが織りなす完璧な構成に気付くべきだわ。コーティングの中に隠れたガナッシュとヌガティーヌ、計算しつくされた厳密なバランスで組み合わされた逸品よ。

Choc Chocolatショック ショコラ ガナッシュショコラノワール、カカオ片入りヌガティーヌ、ショコラノワールコーティング

PIERRE HERMÉ PARIS×Nicolas Buffe
テンプル ボンボン ショコラ 8個詰合わせ

¥3,402

詳細を見る

PIERRE HERMÉ PARIS×Nicolas Buffe
ラビラント ボンボン ショコラ 5個詰合わせ

¥2,268

詳細を見る

PIERRE HERMÉ PARIS×Nicolas Buffe
アムール ボンボン ショコラ 14個詰合わせ

¥5,670

詳細を見る

ピエール・エルメはこう言っているわ。

「愛しいショコラには命を吹き込みたいと思います。ショコラは私の人生の一部を成してきたのですから。」

ここで紹介したボンボンショコラはほんの一部よ。
青山ブティック店頭と特設ページ「365 WAYS TO LOVE CHOCOLATE」で、ぜひその全貌をチェックしてみて。ボンボンショコラはもちろん、パティスリー、マカロン、焼き菓子に至るまで、あらゆる側面からチョコレートに焦点を当てたアイテムをご紹介中よ。この季節だけのお楽しみね!

また新しい秘密を見つけたらこのページでお知らせするわ。
引き続きチェックしていてね。サリュ!

アーティスト紹介

Makiko Tanaka田中麻記子

東京生まれフランス在住。これまで油彩やパステルによる幻影的な風景を主に発表してきたが、近年より、パリ生活での一日一枚をデイリーワークとして始めた水彩デッサン「食べ物シリーズ」を発表。2015 年 実在や空想の「食」をコンセプトに、ユーモラスで時にアイロニカルなデッサンが詰まったアートブック「La collection gastronomique」を出版。 tanakamakiko.com